中古の単車

この話は体験談ですが,今まで誰にも話したことがありません。 気づいたらもう10年も昔の話になっているので,そろそろ話してもいいのかなぁと。 ことの始まりは合コンでした。 男4,女4のスタンダ...

水門

これは4年前の夏に実際に経験した、とても不思議な出来事です。 祖父の家は家屋の解体業を営んでおり、そこにはYちゃんという従業員がいました。 僕の自宅と祖父宅は、徒歩1分ほどの所にあり、母も事務...

サンユキサマ

私のじいちゃんは、私が小さかった頃によく山の話をしてくれた。 その頃はまだその話を信じていたけれど、年を重ねるごとに、それらの話はじいちゃんが私を楽しませる為にしてくれた与太話だと思うようになっ...

狐の像

子どもの頃、家の事情で一時的に母方の実家で暮らすことになった。 すぐに友達は出来るなんて思ってたんだけど、慣れ親しんだ土地を離れるだけじゃなく、両親とも離れて暮らさなきゃいけないってのが当時は辛...

窓に映る少女

この盆、帰省した私に従兄弟がしてくれた話。あんま怖くないかも。 従兄弟の友人K本って人は、たまーに幽霊みたいなのを見ちゃう人らしく、時々従兄弟に話してくれるらしい。以下はその話。 その日、K本...

腕時計

この話は1年ほど前です。 私の家はいわゆる中流家庭です。 父親はバリバリの営業マンで自力で本部長まで辿り着きました。 その父が中古のローレックス腕時計を購入し、暫くして体調不良を訴えまし...

奇妙な写真

これから話す事は実際に体験した本当の話です。 結構かわいがってくれた おじいちゃんとおばあちゃんの2人暮らしの家が近くにあってよく遊びに行っていた。 だけど、今年の3月に 心臓麻痺で おばあち...

小さな手

出典:Asahi Radio Webio「電脳百物語」 大阪市北区 藤原光雄さんの体験談 学校につきものの怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。 美...

忘れないよ

3年ぶりの姉の里帰り。 久々に見る甥は、なかなか利発そうに成長していた。 甥は生まれつきある痣のせいで、あまり同年代の友達がいない。 遊んでやったら、際限がない。 お守りに疲れたので、...

あまり知恵をつけないほうがいい

七歳の時、五歳の弟と一緒に、親に七五三参りのために神仏習合?のとこへ連れていかれた。 参道を歩いてたら、金ピカ衣装のお坊さん?(あの恰好は神職ではないと思う)に、 「この子たちはあまり知恵をつ...

拡がる影

『俺は密漁をしていた。 密漁といっても採集禁止の魚や水生昆虫を採ってきてマニアに売るっていう簡単なやつでそれだけで暮らしていけるほど儲けは出ないけど割といい小遣い稼ぎになった。 その日俺はSと...

猟師と神隠し

猟師をしていた曾祖父から聞いた話。 曾祖父の生まれた場所は山奥の寒村で、高祖父は猟師だった。 曾祖父は幼い頃から、父である高祖父と共に山々を歩き回って暮らした。 曾祖父の村に、源三と言う...

時間を戻せる

ここでなら書いたら信じてくれる人もいるかもしれない… 駄文で申しわけないがちょっと聞いてほしい。 ただ俺にとっては怖い話なんだけど 見てる人にとっては不思議な話、もしくは俺が電波発言してるように...

フタ

ABCラジオさんで大賞をとった話だよ。 大阪府豊中市 カモメのジョナさんの作品『フタ』 これはOLとして働きながら一人暮らしをしていた、数年前の夏の夜の話です。 私が当時住んでいた1DKは、...

擦り傷の中に

不思議な体験と言えば、あれは小2の頃だった。 当時は運動場で毎日鬼ごっこして遊び、身体中擦り傷がたくさんあった。 んで、手のひらを擦りむく事もしょっちゅうだったんだけど、運動場で転んで手の...