消えた10人目

小学生中学年くらいだったの話だったと想います。 よくある100物語をやろうと誰かが言ったのがきっかけでした。 とはいっても、1人で何十個も怖い話を知ってるわけもなく10名が1人10個ずつ話す事にな...

葬儀送迎

自分ではなくて舅の体験した幽霊がらみの話。 舅は小さな観光バス会社で運転手やってる。 観光だけじゃ仕事が少なく会社として成り立たないらしいので、葬儀屋から火葬場、お寺などへの送迎を主としている...

お鶴さん

あれは三年前で、俺が大学四年生のころ。 結構早く内定が出たから、遊び回ってたんだよね。 彼女とか友達と毎晩遊んでたんだけど、ある時なんだかみんなと予定が合わない日が続いたんだよね。 まあ、暇...

御祓い

私が中学生の時の話をさせて貰います。 10年位前の話になりますが、当時私の小学生の弟(A)がよく学校で怪我をしてきました。 怪我も転んだりして出来る傷ではなく、カマイタチというのでしょうか。 ...

市松人形

市松人形の話 押し入れに一体の市松人形が眠っていた。 厳重に包まれて桐の箱に大事そうに入っていおりその為あって保存状態はすばらしく良かった。 長く黒い髪、白い肌、赤い蝶の刺繍が入った着物。 ...

幽霊と話し合い

流れをぶった切って申し訳ないが、俺今ふと思い出したのよ 俺が一番最初に就職した病院でさ一応地方にあったから寮に入ってたんだけど、そこがまた凄くてさww 出る出ない以前にとにかくボロイww こ...

仮眠室

大学生の頃、とある複合施設で警備員のバイトをやった。 守秘義務があるので名称は書けないが、そこで夜間働く者はほぼ全員「出る」ことを知っていた。 「出る」場所は警備員の仮眠室。 当時のシフトで...

10月31日

はじめまして、皆様方。 唐突ですが、小生の話を聞いて下さい。 今から7年程前の事忘れもしない10月30日の深夜の事です。 当時、自衛官だった小生は実家に帰省し夜眠っていたところ、まるで足元から毛...

わろご達への御詠歌

時期や場所は詳しく言えないけれど私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくド田舎、集落には両手で数えきれるほどしか家が無い。 山の奥なので土地だけは豊富にあったが、買い物や病院...

狩野英孝の体験談

狩野さんの実家の宮城県の桜田山神社。 桜田という地名の奇妙な言い伝え。 昔、赤子を背負い田んぼで作業していた母親が、誤って背中から赤子を落としてしまい、でき死させてしまった。 母親は供養の為に田...

部屋から出てくれ!

以前窓際で立往生する女の話を書いたものです。 今回は自分の体験ではなく、友人のAとBから聞いた話を書きたいと思います。 Aが大学に進学し、アパートで一人暮らしを始めて2年目の頃の話。 近々雪...

DQNの行方

私の家は小学校のすぐ近くにあります。 夏になると夜中に花火をする方が居り、うるさいなー、と思いつつも注意するのも(十中八九)DQNなので放置しているのが現状です。 昨晩の夜九時前後も若い男女の...

二枚貝

書く前に、あらかじめ言っておく。 怖い話というのは、大なり小なり、フィクションの部分が存在する。 それを踏まえて、この話を書く。 ある小さな南の島で、ボランティア活動を行っている日本人青年が...

こっくりさんをした子

小6の時だから今から25年くらい前だけど、こっくりさんが流行った。 スポーツが出来たり人気あるグループだったりする子達は、そういうのをバカにして…というか興味無しだったけど、たいていこっくりさんに興...

祖母の力

母が幼い頃に体験した、ちょっと不思議な話。 母(70代)は東北の田舎の集落の出身で、母が幼い頃はまだ各家に電話がなく、母実家はそこそこ裕福だったため、村で唯一の電話がある家だった。 だから、誰...