子供もらっていい?

これは、実際に『自殺を決行』しようとした直前に起きた話。 小さいながら、夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げて8期程が経ち、地方銀行の大型融資も審査が通って順調に利益を伸ばしている中で、専務取締役...

2-2号室

大学時代にサークルの先輩から聞いた、当時高校生だった先輩の友達が体験した話です。 その先輩は高校時代は部活には入っておらず同好会として放課後十数人でサークルのような活動をしていました。 同好会の名...

死んでいたはずの母

これは、某集合団地にて死後約2日で見つかった70代のお婆さんの話。 12月に差し掛かったある日、管理役員の私の所に30代と見られる女性が来訪された。 女性「母が単身でこの団地に住んでまして...

タクシー

彼はタクシー運転手をしていました。 とある日のことです。 夜中の2時頃、人気の無い街の郊外を走っていると、道路脇に喪服を着た女性が手を挙げて立っていました。 (こんな時間になんで喪服なんて着...

財布のチェーン

まだ私が高校生の時の話。 隣のクラスにTという、少し風変わりな人がいました。 私とTは授業が重なっていたこともあり、次第に仲良くなっていきました。 ある日Tから突拍子もない話を聞く事になりました...

樹海の入口

去年の夏の話。 あの有名な富士の樹海で… あれは大学の皆と、河口湖へキャンプに行ったときでした。 車で行ってたこともあり、河口湖からも近かったし、みんな今まで一度は樹海に入った事があったので...

てすと

4年ほど前、売れない漫画家をしていたときに、某マイナー系の雑誌でそこそこに人気のあった漫画家さんのところに、3日間という約束でアシスタントをしに行ったときの話です。 引っ越したばかりの、狭いなが...

山道の2人組

俺が大学生の頃の話だ。 当時福岡の大学に在籍してたんだが、地元は大分だったんだ。 夏休みや冬休みなどの長い休みは地元に帰って高校時代の友人と遊ぶことが多かった。 大学2年のその年も、やはり...

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった。 寺には一族郎党が集まり、仲の良いいとこのDもきていた。 お経も終わり墓参りも終わって、寺の座敷...

僕には机は要らないんだ

だいぶ前に何かで読んだ、小学校に上がる前の小さな男の子の話です。 その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、子供達はそれぞれ船とか飛行機とか車とか絵を描きました。 だいたい...

数学的可能性

数学的可能性について話していた。 同じ姓名で同い年、顔、声、性格が似ている人物が、同じ会社で働く確率とか、駅で「おとうさん」と女性が叫ぶと、ラッシュアワーでもみくちゃになった人たちのうち何人が振り返...

まったく一緒の声

心霊スポットとか軽い気持ちでは絶対いっちゃいけないと痛いほどわかった体験。 去年の夏8月の23だったと思う。 中学校時代の仲間が5人集まって酒を飲んで遊んでいた。 しばらくして話も飽きてきて...

さ…む…い…

中学生のころ、Aという同級生の家でよく遊んでいた。 彼の家は町外れあり、海の崖っぷちのような所に建っていて両親も仕事柄居ないことが多くガキが騒ぐには絶好の場所だったからだ。 12月の試験休みにその...

掛け時計

俺は安アパートの2階に住んでいる。 夜中、なにやら騒がしくて目を覚ました。 消防車のサイレンや鐘の音が鳴り響いている。 レム睡眠の途中で目を覚ましたらしく頭がクラクラする。 サイレンの音は一つ...

エンゲージリング

ルーマニアのある村で、結婚を目前に控えた花婿が死んだ。 葬式の後、花嫁と近所の娘が花婿の死体の側で番をすることになった。 花婿の死体は正装され、指には花嫁が贈ったエンゲージリングがはめられていた。...