怖いけど笑える話一覧

カウンター

最近よくやるイタズラ。 俺の自宅兼事務所の電話には、マンションなどのセールスの電話が掛かってきていた。 それもリストに載ってしまったせいか、一日に10回以上なんてこともざらにあった。 自宅で仕事...

山城さん

新宿の某飲み屋での話。 俺がここ2年くらい通ってる飲み屋があるんだけど、低い天井にカウンターと小さなテーブル2個だけの小体な店で。 某有名芸能人がオーナーらしく、たまに芸能人とかがちょこちょこ...

赤ん坊

あるところに、父、母、祖母、娘という4人家族が住んでいた。 父と母は非常に若いときに結婚し娘を生んだ。 しかし、どうしても男の子が欲しくて毎日がんばったのだが、なかなか子供はできなかった。 半ば...

最終兵器Oさん

大学時代に凄い人がいた。 仮にOさんとしておくが、Oさん自身は小柄で線の細い普通の女性なのだ。 だが彼女の陰のあだ名は『最終兵器』。 その由来には、幾つかのエピソードがある。 Oさんは...

抑えられないもの

この御話は正確には私の体験談では御座いません。 私が中学生時代に通っていた学習塾の友人の体験です。 その体験について相談された私は『あるもの』を抑える事が出来ませんでした。 その『あるもの』とは...

ヘビ塚

実家の小さな庭の片隅には、漬物石みたいなものを何段か積んだだけの供養塔がある。 その供養塔は『ヘビ塚』と呼ばれている。 ある日、近所の人がその塔を崩してしまった。 自分達で積み直したが、その...

鼠の天麩羅

知人の劇団員が、地元の猟師さんの笑い話を元にまとめて劇を作ったことがある。 元号がいくつか前の時代のお話。 木樵と炭焼きと猟師を兼業で生活している老人とその弟子の少年が、二人で細々と暮らしてい...

シンジラレナーイ!

これは、俺が小学4~5年生だった頃の話。 ある日のこと、母と近くのスーパーに買い物に出かけた。 すると、近所のおばちゃんにばったり会った。 そこからは、母とそのおばちゃんの立ち話が始まった・...

孔雀王

小学五年生の頃の話。 その頃は学校ではこっくりさんやキューピットさんが流行っていて、放課後になると誰かが必ずやっていた。 その日もいつもの様に放課後に女子3人がこっくりさんをやっていた。 俺...

ヤンデレ彼女

俺の体験した話 当時俺は彼女が居て(今の嫁)、週末は彼女が俺の部屋に泊まりに来るのが常だった 今は治ってるが、彼女は鬱病持ちでヤンデレ気質で、俺が女と話すようなら射殺するような目で睨みつけるよ...

出ちゃう家

俺は、ちょっと見える体質の不動産業の勤め人。 この話は、内覧に来たご家族(ご夫婦と20歳位の娘さん)を案内した時の事。 案内した物件は、いわゆる事故物件ではないけれど『出ちゃう家』。 目から上だ...

かっこいい除霊

怖いというか・・・ 高校のときのクラスで、いじめられてる訳じゃないけど、「いじられてる」Aという奴がいた。 なんというか、よく問題を当てられても答えられなくて、笑われるような感じ。 でも本人...

オタクの幽霊

初めて書き込むので文章とかおかしかったらすみません。 少し長くなるかもです!  変な話なんですが、あたし的にマジで洒落にならなかった話。 あたしが一人暮らししてるアパートのお隣さんが 結構前に...

喋る絵皿

小さい頃、祖父が友人宅から鷹の絵の描かれた大きな絵皿を貰ってきた。 それは今でも和室に飾ってあって、とくに怪奇現象を起こしたりはしてない。 祖父の友人は骨董商だった。 その皿も店の品物でかなりの...

気まずい幽霊

洒落にならんっつーかなんというか。 自分は彼女居ない歴=年齢の典型的なもてない男なんだけど、女友達は結構いる。 その女友達とかに「あんたは狙ってないから彼女できない」なんて言われたんで、異性を...