怖くていい話一覧

大丈夫だよ

私が体験したというよりは、母親が体験したこと。 そのとき母は妊娠四ヶ月目に切迫流産を起こし、母体ともかく子供が危険な状態で、一ヶ月入院したらしい。 その前に一人流産してる母は、この子もそうなる...

不思議な女の子

私の家は昔の古い日本家屋といった感じの、ジブリの映画に出てきそうな家でした。 土間や畳敷きの大広間、かまどのある台所に仏間と十六畳の和室。 和室は障子を開け放つと縁側に面した庭が一望できました。 ...

狐の像

子どもの頃、家の事情で一時的に母方の実家で暮らすことになった。 すぐに友達は出来るなんて思ってたんだけど、慣れ親しんだ土地を離れるだけじゃなく、両親とも離れて暮らさなきゃいけないってのが当時は辛...

猟師と神隠し

猟師をしていた曾祖父から聞いた話。 曾祖父の生まれた場所は山奥の寒村で、高祖父は猟師だった。 曾祖父は幼い頃から、父である高祖父と共に山々を歩き回って暮らした。 曾祖父の村に、源三と言う...

壊れたオルゴール

私が小学生のころ、父がお土産にペンギンの形をした電子オルゴールを買ってきた 。 レットイットビーのサビだけ流れるもので、気にいっていたのに何年かしたら音が出なくなったが捨てられず、ずっと引き出し...

お祈り

小6の時の話。 ウチの実家の近くに、事故の多い交差点があった。 まあ見通しの悪いところだったから、そんなもんかと思っていたんだけど、ある日の下校途中、 小3くらいの女の子が電柱の前で手を合わ...

あの男

いつだったか、山合いの道で女性の幽霊を車に乗せて成仏する様に説得しその後、娘の中に(?)居るらしくお礼を言われた話しをしたTですが… その後、新たな霊体験で私自身死にかけ、また娘も関わってくる事があ...

友人のイタズラ

これは私が18歳の時の出来事です。 当時、仲の良かった友達のグループがあり、私はその子たちと毎日のように一緒にいました。 その中でもとくに仲がよかったFとは、他のメンバーとは少し違った特別な親...

ループする通学路

小学校低学年の時の話。 その日は終業式で、自分の席として使ってる机の中のものだとかを、引き出しごと持って帰らなきゃいけなかった。 だからみんな大きめの紙袋とか持ってきてて、自分も例に漏れず紙袋...

狐火

太平洋戦争中、曽祖父は兵役で東南アジアに出征していたそうです。 と言っても戦闘要員ではなく、現地に補給用の鉄道のレールを敷く工兵部隊の、小隊長を命ぜられていました。 小隊長といってもふんぞり返って...

水波能女神様

最近、仕事中にクソ重い荷物を載せた台車を運んでいたら、誤って右足の先っぽを車輪で引いちゃってね。 もの凄い激痛が走って、ああ、これは指の骨が折れたかもな…くらいの感じだったんだけど、何とか我慢しなが...

綺麗な人

超霊感の強い俺が出会った凄い人の話 俺は生まれつき霊感が強くて、小さいころから色んな経験してる。 ただ、家系的な物らしくて母親や兄弟も強くて1人で悩むってことはなく親兄弟に相談しながら対処して...

親友

5年前、幼稚園からの幼なじみだった親友の中岡(仮名)が肺炎で死んでしまった。 中岡はよく冗談交じりに、「死んだらお前の枕元に絶対に立ってやるからな」なんて言っていた。 俺の方も負けじと、「虚弱なお...

手水鉢

怖くはないのですが、不思議な体験をしたので投稿します。 もうだいぶ前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。 そして...

死者に会える方法

これは叔父さんがイギリスに滞在していた時に、現地のイギリス人の仕事仲間から聞いた話だ。 とある青年がいたと言う。学生で、同じ学年に付き合っている彼女がいた。 非常に仲睦まじく、お互い卒業したら...