怖くていい話一覧

母の愛

私は2年程前に旦那の元奥の生き霊に憑かれて、殺されかけました。 2週間位の意識がほとんどなく、私自身が暴れたり、車に飛び込もうとしたり大変だったみたいです。 ある夜、友人から電話があり、『今日...

廃屋の少女

中2の夏だった。 そのとき俺は、ちょっとした徳島の田舎の学校に通ってた。 この時期って言ったら、中学校生活でも一番暇な時期だった。 クラブは一応柔道をしてたんだけど、部員が全員中2で、数も5...

パパにあげる

家族で旅行に行った時に、旅館の周りをブラブラ観光していたら、荒れ果てたお地蔵様があった。 別に俺達が掃除する義理もないので、そのままスルーしようとしたら、四歳の息子が急にゴミ拾いを始めたので、 ...

水虎

皆さんは「水虎」と言う言葉を聞いた事がありますか?では「河童」なら解りますね。 私の父親達の年代はプールなどは無く、夏になると近所の河で泳いだそうです。 ある年の夏、父親は淵で溺れました。 ...

不思議なダンナ

怖いと言うか、不思議なダンナの話。 ある時、朝から足がだんだん腫れてきた。 病院に行くほどでもないか、とシップを貼ってそのままにしていたら、ダンナが帰って来る頃には歩けないほどになってしまった...

大クスノキ様

同僚とはよく実家の田舎っぷりを自慢しあう。 まあ自虐のふりをした郷土自慢みたいなものだ。 あるとき私は、兄が神隠しにあったことを話した。 結論から言えば、捜索範囲が広大だった単なる迷子の話。...

復讐

A坊主の話投下します。 恐くないけど不思議な話。 その日は子供会の肝試しがAの寺であって、青年団の俺とAは手伝いに参加。 俺は明美さん(優太君の母親で旦那を交通事故で亡くしている)とオバケ役...

夢に出た婆ちゃん

夢っていうものは大概、見ている最中はまるでそれが現実のように感じられて、目が覚めた瞬間は内容を鮮明に覚えているのに、起きて顔でも洗っているうちに頭に霧でも掛かったみたいに それがどんな夢だったかを忘...

オルゴールの曲

自分も雑貨好きなので、よく祖母のものを見せて貰っていたのだが、その中で特にお気に入りだったのが、オルゴールだった。 木製のピアノの前にブリキの人形が腰掛けているもので、ネジを回すと人形がまるでピ...

親父の幽霊

親父が肝硬変で他界した時に、殆ど毎日のように病院に行ってた。 体中黄色くなって半分ボケてた。 1ヶ月位で病室がICUじゃなくなってほっとしたら、その日に親父が他界した。 親父の体の上で、親父...

山の神様

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうって話になりました。 夜中の午前3時頃に集合、市街地からひたすら自転車をこいで約3時間、目的の川に到着しました。 早速皆で思い思いの場所に散って釣...

校舎裏の彼女

文章下手なので読みづらいと思いますがご勘弁のほどを。 僕が中学3年生の頃転校をしたんですが、その転校先の学校で酷いいじめを受けた。 「女みたいな顔だ」「チビ」と最初はそんな感じでからかわれてい...

堤防の女

夜釣りやってたんだけど普通4、5人はいる堤防で一人だった やったラッキー、仕掛けが横に流れても気にしなくていいと思ってご機嫌で釣ってたんだわ 満月の大潮で条件的に申し分なかったんだけどその時は...

やまあら

小学4年か、5年の夏休みだったと思う。 両親の仲がうまくいかなくなり、色々あって半月あまり、父親の実家に預けられた。 祖父も祖母も優しくしてくれたので寂しくはなかった。 特に祖父は、釣りの好...

願い

じいさんから聞いた話。 戦友の体験談だそうな。 戦争に行った時、怪我をして寝ていたら何か声がする。 「何かしてやろうか、何か願いないか」 なら故郷の家族に腹一杯メシ食わせたい、元気...