普通に怖い話(怪談)一覧

ヤマキの墓

随分昔のことなので細かいところまで覚えていませんが、思い出しながら書いてみます。 家の近所に、子供達に『ヤマキの墓』と言われている古い慰霊碑みたいなのがありました。 高さ1m位の自然石を石の土...

自殺することに決めた

あまりに不幸なことが続いた。 それをここで紹介する気はないが、俺は自殺することに決めた。 それで、少々安易だが、あの有名な樹海に行って、首でも吊る事にした。 頑丈なロープを持って森に入り、手頃な...

猫の鳴き声

ここ4年くらいで体験して、おそらく現在進行形だと思われる体験。 俺には一つのキーワードでつながってるように思えてならない。 ことの発端は四年前。 当時、俺はピザの宅配のバイトをしてた。 そ...

警備のバイト

俺は派遣警備会社でバイトして生計を立てているしがないフリーターさ。 その日俺は泊まり勤務を命じられ、いやいやながらとある会社に宵の口に出勤。 その会社は倉庫会社で、俺が命じられたのは倉庫内の警...

‘呼ぶ’場所

S県S市街地からI川へ行く中間にそこはある。 道路から山道へ入り暫く進むと、見えてくるのは吊橋ある。 たいていの人は、なんとなく嫌な感じがする場所である。 それもそのはず、表ざたにならない自...

近づくノック

高校の時の先生から聞いた、彼の友人の話。 仮に先生の友人をAさんとしておきます。 先生とAさん、ほか数名は同じ大学の寮に住んでいたそうです。 ある雪の日、寮生は全員が出払っていて、Aさんだけ...

お経の声

大学時代の話。実話です。 俺が通ってた大学の近くに自殺の名所があった。 林をしばらく入ったところにある滝(以下S滝)だ。 自殺の名所と言っても、景色も良く、街からそんなに遠くないのもあって、...

若い衆の肌

去年の夏帰省した時の出来事です。 到着して何日か経って挨拶回りも終わり、やることもなく縁側でぼ~としていた。 そよそよ爽やかな風が田んぼを渡って吹いてきて、遠くでセミが鳴いている。 福島県の...

壁を移動する足音

もうかなり昔のことですが、私の実家の近所に同い年の幼馴染がおりまして、私らが高一くらいの頃のある日のこと、幼馴染の一家は急に亡くなった彼の祖父の葬式を母親の実家で済ませ、自宅へ戻るとその晩は家族皆早め...

能のお面

知り合いが実際に体験した話です。 仮にAさんとします。 高校を卒業してすぐの3月のことです。 Aさん・Bさん・Cさん(3人とも男)で遊んでたそうです。 夜になりお金も無かった3人は、肝試し...

ランニング

チト長いかもしれませんが・・・ 高校時代の頃の話です。 バスケ部だった私は、次の日がインターハイ予選ということもあり、緊張からか全然寝付けませんでした。 早く寝ないと!と思えば思うほど、眠れ...

祠の横

23時に仕事が終わって車で帰ってる途中の事なんやけど、家の少し手前の直線道路にさしかかった時、いっつも点いてる街灯が全部なぜか消えてたんですよ。 そこでまず気味が悪くなって、ライトをハイビームに...

カーテンレール

携帯からだから改行変だったらごめん。 友達の看護師さんの話。 総合病院勤務で、その課を夜勤巡回すると、よく嫌なことが起こると院内で有名だった。 無人の部屋からナースコールなんて当たり前で...

母の警告

私が高校に入学してすぐ、母親が失踪ました。 父が言うには、母にはもう数年も前から外に恋人がいたそうです。 「アイツは父さんとお前を捨てたんだ」そう言ってうなだれる父の姿を見て、これからは私が母親の...

逆立ちばばあ

20年前の夏のある日、友人Aと俺は2人で夜、海を見にいった。 Aは免許取りたてで車を購入し、試し運転中での出来事だった。 夏の夜の海は波の音だけで、静かで良い、心が落ち着く。 俺達は海岸で将...